ORIGINAL STORY


夢遊(ユメアソビ)

  学生の頃、宮城県仙台市に3年間住んでいて学校に通っていました。
  その時に住んでいたアパートでは、いつも夜中の2時頃にハイヒールで廊下を歩く女性がいました。
  部屋のベッドに寝そべりながら、そのハイヒールの音を聞いて思いついた物語です。
  どこからが夢で、どこからが現実なのか、あえて曖昧な表現にしています。
  これを書いていて思ったのは・・・もしかしたら、彼女は存在したのかもしれないということ ―

静かな停留所

  自ら命を断つこと。それは凄く悲しいことです。
  自分よりも先に子供に死なれた親は、ずっと悲しんでいると思われます。
  簡単ではないことはわかっていても、なんとか思い留まって強く生きて欲しい。
  これからの自分のためにも、あなたをみてきた親のためにも。
  そのバスには乗らずに、自分で歩いていくことをおすすめします。

 


SOUND STRIKERS  STORY


SOUND STRIKERS  HISTORY

  SOUND STRIKERSの歴史ストーリー。
  何故、SOUND STRIKERSが戦いをするのかを書いています。

ON BEAT 〜湧き上がる想い〜

  ロックのキャラクター『春名いずる』のストーリー。
  尊敬し愛した人を失って崩れ落ちそうになりながらも、強く生きていく姿を書いています。

REMEMBER ME ? 〜真夏の蜃気楼〜

  ジャズのキャラクター『アイラ・E・クラウンベリ』のストーリー。
  無気力になって一度諦めたはずのサックスの演奏。しかし、彼は、また歩き出す事ができるはず。

STRONG LOVE 〜信じる明日〜

  ヒップホップのキャラクター『ゼナ・ガウェイン』のストーリー。
  自分の信じるものに対しての強い愛。その愛が明日を切り開く。



▲ Page Top