マタ二ティーの服装と下着

マタ二ティーファッションはだいたいお腹のふくらみがでる妊娠5ヶ月ぐらいから着ることが多いと思いますが、お腹のふくらみが気になえらなければ特にマタ二ティーの洋服をわざわざ着なくても良いと思います。ただしお腹をきつく締め付けるような洋服はさけて、ゆったりとしたワンピースなどにしてください。
マタ二ティーの洋服には妊婦にふたんをかけない作りになっているので、できれば妊娠後期のお腹がかなり膨らんだ時期には、マタ二ティーの洋服がオススメです。今のマタ二ティーの洋服はワンピースが多いのですが、寒い時期などはマタ二ティージーンズなどが良いと思います。マタ二ティーの洋服のほかにも下着なども重要だと思います。
妊婦の下着のブラジャーなどは、胸が張ったりした時や出産後の赤ちゃんへの授乳に重宝しますし、パンツなどもお腹が大きくなる分きつくなるので、マタ二ティー用のパンツはあったほうが良いと思います。一番妊婦にとって重要な下着は腹帯です。腹帯は昔からいぬの日にまくと言われています。腹帯のタイプとしては、ベルトタイプと腹巻タイプがあり、腹帯ののベルトタイプは自分で調節は可能ですが、お腹が大きくなるにつれ、きつく苦しくなる感じがあります。
腹帯の腹巻タイプのほうは、伸び縮みがありお腹が大きくなってきても、生地事態が伸びてくれるため、ベルトタイプよりかはきつく感じることはないので、経験上腹帯は腹巻タイプのほうが妊娠初期から後期までと長く使えてよかったです。

Copyright © 2009 マタ二ティーファッション情報