法人設立・登記の費用はいくら?

法人設立・会社設立時に必ずかかる費用(=国に支払う費用)があります。


この金額だけは、会社を設立する方は全員同じで避けられません。


その内訳は

◆登録免許税 150,000円

◆定款認証手数料 50,000円

★定款添付印紙   40,000円


合計240,000円です。


通常は24万円に加え、設立代行手数料として10万円前後の費用がかかります。


しかし、上記の★定款添付印紙を電子認証で行うと40,000円分の手数料が削減できます。

自分で行う場合には、この削減ができないため最低でも240,000円必要です。


これを信頼のおける若手税理士に依頼すると、

手数料無料及び定款電子認証に対応していますので、お客様のご負担は20万円のみとなります。


つまり、自分で手続きを行うより、依頼した方が安いのです。


自分で行う場合には24万円+面倒な手続き・時間のコスト、依頼した場合には20万円です。

会社設立(無料相談)  手数料0円(無料)で会社設立

法人設立・登記の費用と代行手数料の比較

法人設立や登記にかかる費用はいくらなのでしょうか?

個人事業主と株式会社などの法人設立化した場合の節税効果の違いは?

会社設立を税理士や行政書士に任せた場合の代行手数料はいくら?

そのような法人設立や登記に関わる費用・手続きについて詳しくご紹介しております。

Copyright © 2009 法人設立・登記の費用 | 株式会社設立の代行· All Rights Reserved·