桃花台ニュータウン土壌汚染と地盤沈下の経緯

不適切な内容がふくまれているかもしれません。
お気づきの点や追記する記事を下記ブログにコメント下さいますようお願いします。
http://blogs.yahoo.co.jp/oecacasa/42242137.html

西暦 月日 ことがら 備考
2009年 12月 おおさかATCグリーンエコプラザ 水・土壌汚染研究部会セミナーで「桃花台の地盤沈下や土壌地下水汚染」のことが取り上げられる

ATCセミナー 土壌汚染の社会問題で講演

 〜豊洲・桃花台・小鳥が丘の事例〜

 各地で市民が行政や大企業等を相手にした土壌汚染係争案件が多発しています。たとえば、岡山市小鳥が丘団地住民の開発業者である両備を相手にした油工場跡地の裁判や、小牧市桃花台における地盤沈下や土壌・地下水汚染について愛知県や都市再生機構との公害調停や民事裁判さらに、東京都江東区豊洲の埋立地におけるガス製造工場跡地の土壌汚染調査データ公開遅れが問題にされ、採取した調査試料を廃棄しようとする東京都に対し市民が提訴しています。
 今回はこれらの問題に大変詳しい講師を招きし、土壌汚染対策法の改正を控え今後の土壌・地下水汚染や廃棄物問題を考える良い機会にしたくご案内いたします。

開催日時

平成21年12月18日(金) 14:00 〜 17:20

プログラム

講演1:「東京都豊洲地区の土壌汚染」〜実態と問題点〜
講師:日本環境学会 土壌汚染ワーキンググループ長 坂巻 幸雄 氏
講演2:「豊洲の土壌汚染の実態について」
講 師:NPO法人 「市場を考える会」総務・環境問題理事 野末 誠 氏
講演3:「(仮題)桃花台の地盤沈下と土壌・地下水汚染問題について」
講 師:桃花台地盤沈下問題を考える会 代表 丸山 直希 氏
講演4:「小鳥が丘団地土壌汚染現地報告と裁判経過」
講 師:小鳥が丘団地救済協議会 藤原 康 氏 岩野 敏幸 氏
総合質疑応答

主   催

 おおさかATCグリーンエコプラザビジネス交流会 水・土壌汚染研究部会
   大阪環境産業振興センター(おおさかATCグリーンエコプラザ)実行委員会・ビジネス交流会

受講料

 1,000円 (但し、行政担当者、おおさかATCグリーンエコプラザ出展企業、水・土壌研究部会会員は無料)

会   場

  おおさかATCグリーンエコプラザ内 ビオトープ・プラザ

定  員

  100名(先着順 ※受付確認はセミナー開催約10日前迄にFAXまたはE-mailでお送りします。)

お申し込み

  〒559-0034  大阪市住之江区南港北2丁目1-10 ATCビル ITM棟11F
  おおさかATCグリーンエコプラザビジネス交流会 水・土壌汚染研究部会 水・土壌セミナー係 
     TEL06−6615−5887 FAX06−6614−1801  E-mail:md@e-being.jp
3月
 地盤沈下 土壌汚染 訴訟 損害賠償 地盤調査 愛知県 都市再生機構  愛知県小牧市の桃花台ニュータウンで発生した地盤沈下に対する損害賠償を求めた裁判で、名古屋地裁は3月26日、都市再生機構(UR)の訴えを退ける判決を下した。住宅を販売したURが、土地を造成した愛知県を相手取り、約3億6800万円の損害賠償を求めていた。
 地裁は「住宅を建築したURには、必要な地盤調査を行う責任があるにもかかわらず、調査を十分に尽くしていなかった。宅地の購入先が地方公共団体だという理由で、その責任を県には転嫁できない」と指摘した。
3月 3月18日、愛知県が2月6日に城山地区で実施した地下水調査の結果を、発表しました。それによると、5つの観測地点のうち3つから、また環境基準を上回る「総水銀」が検出されたそうです。そのうちの1つからは、これまでで最大の、環境基準"約7.8倍"の総水銀が検出された。
井戸設置箇所 調査結果(mg/L)
城山地区 総水銀 砒素
第1回
 [H19.11]
第2回
 [H20.2]
第3回
 [H20.4]
第4回
 [H20.6]
第5回
 [H20.9]
第6回
 [H21.2]
  第1回 〜第6回    第1回
〜第6回 
No.1 ND 0.0017
(3.4倍)
0.0015
(3.0倍)
0.0033
(6.6倍)
0.0038
(7.6倍)
0.0039
(7.8倍)
ND ND
No.2 ND ND 0.0008
(1.6倍)
0.0009
(1.8倍)
0.0012
(2.4倍)
0.0007
(1.4倍)
ND ND
No.3 ND ND ND ND ND ND ND ND
No.4 ND ND ND ND ND ND ND ND
No.5 ND ND 0.0007
(1.4倍)
0.0018
(3.6倍)
ND 0.0012
(2.4倍)
ND ND
地下水環境基準 0.0005以下 0.01以下 0.01以下
2008年
平成20年
11月  11月11日に愛知県が、9月末に実施した桃花台ニュータウン内・城山地区と光ヶ丘小学校および大城小学校グランドに埋設されている、産業廃棄物による地下水汚染の調査結果を、公表した。
 城山地区の2ヶ所の井戸では、前回を上回る、最大で環境基準の"7.6倍"の総水銀が検出された。(※11月12日)
住民8世帯12人が、11月10日(月)、同じく愛知県都市再生機構を相手取って、廃棄物の除去や総額1億2000万円の損害賠償を求める裁判を、名古屋地裁に起こした。(中日新聞 11月11日)
8月  8月5日、愛知県が、6月に行った、桃花台ニュータウン内の城山地区と3つの学校グラウンドに埋設している産業廃棄物による地下水汚染を調べた4回目の調査結果を、公表した。
 それによると、前回(4月)の調査で環境基準を上回る"総水銀"が見つかった城山地区の3地点の地下水で、最大で環境基準の"6.6倍"(前回との比較では最大"約2.4倍")の"総水銀"が検出された。(※8月6日朝刊)

桃花台地盤沈下 調停を打ち切り

 小牧市の桃花台ニュータウンの一部で地盤沈下が起きている問題で、愛知県公害審査会は22日、調停の打ち切りを決めた。同ニュータウンの14世帯は昨年12月、地下に産業廃棄物があり、家屋の傾きや地下水汚染が進んでいるとして、公害調停を申請。この日が3回目の調停だった。 調停を申請した「桃花台地盤沈下問題を考える会」の西川研一弁護士は、「今後、国の公害等調整委員会に裁定を求める申請を行うとともに、年内にも県と機構を相手取り、民事訴訟を起こしたい」と話した。(2008年8月23日  読売新聞)現在位置は

5月 今年(2008年)の2月に行なわれた地下水調査で環境基準を上回る有害物質が見つかった城山5丁目地区。当初3回目の調査は6月に行なわれる予定でしたが、この結果を受けて4月に前倒しになりました。その調査結果が、5月21日に公開された。それによると、今回もまた、最大で環境基準の3倍の総水銀が検出された。
(※中日新聞紙面 5月22日朝刊 )
4月 署名活動  要望している内容は、主に以下の3つ。
・第三者機関を設置し、原因究明と問題解決にあたる事。
・問題が発覚した土地の全ての土壌を撤去し、きちんと賠償する事。
・情報をきちんと開示する事。
 古雅地区に整備される予定の住宅地「エコーガーデン桃花台」の土地の一部の地下からも、環境基準を上回る有害物質(基準約7倍のヒ素、基準をやや上回るフッ素)が見つかる。これは他地区で土壌汚染が相次いで発覚した事を受けて、整備を行っている愛知県住宅供給公社が2007年10月から行った土壌調査で明らかとなった。
3/18 愛知県庁三の丸庁舎で、桃花台ニュータウン住民が公害紛争処理法に基づき愛知県公害審議会に申請した、「公害調停」の1回目が行なわれた

住民側:
地盤沈下の原因をはっきりさせる為、中立公正な立場の機関による土壌調査を要請。

愛知県:
・調停の打ち切りを要請。

都市再生機構など:
・「調停には応じられない」
・「当社には責任はない」
3/7  2月6・7日の2日間、産業廃棄物の埋設が発覚している城山地区光ヶ丘小学校大城小学校の敷地内で、2回目の地下水調査が行なわれたそうです。その結果が今日(3月7日)、愛知県によって発表された。
 それによると、城山地区の1つの観測用の井戸から、環境基準の"3.4倍"にあたる「総水銀」が検出された。
2月  産業廃棄物の埋設が発覚している城山地区光ヶ丘小学校大城小学校の敷地内で、2回目の地下水調査が行なわれた
2007年
平成19年
11/  桃花台ニュータウンで地盤沈下が起き、地中から有害物質が見つかった問題に絡み、住宅の購入者ら5人が県と機構を相手取り、「適切な地盤調査や廃棄物の撤去をしないまま分譲され、居住環境が損なわれた」として総額約9300万円の損害賠償を求める訴訟を名古屋地裁に起こした。
11/29  愛知県が「城山地区と光ヶ丘・大城両小学校の地下水から有害物質は検出されなかった」と言う調査結果を公表
10/28  岡山市小鳥が丘団地土壌汚染問題フォーラムで、桃花台ニュータウン土壌汚染を考える会代表の丸山 直希氏が現地報告
10月  愛知県住宅供給公社が土壌調査
10/12

 問題が起こっている城山地区に住む5人の住民が、住宅の購入費用の返還を求めた裁判を名古屋地方裁判所に起こした。訴えられた側は愛知県と都市再生機構。賠償請求額は総額約9,300万円

7/6  住民が愛知県知事に対し、公開質問状を再度提出。
6月  小牧市が城山地区の一部住民に対し、固定資産税の減免措置実施を発表。
4/29  愛知県が城山地区住民を対象とした土壌調査結果の説明会を開催。
4/12   愛知県が土壌調査の結果を公表。環境基準を上回る鉛や総水銀、ヒ素などが見つかる。
2006年

平成18年
11/26 都市再生機構が住民説明会を開き、造成地に産業廃棄物が埋設されていることが確認されたことを公式に認める
11月 都市再生機構は調査結果を公表:問題となっている土地は産業廃棄物が層となって残っており、その上にさらに土が盛られている状態であり、環境基準値の170倍のを含む5種類の有害物質や、分、片、ガラス片、ビニール袋なども確認

10月 愛知県庁の職員が、都市再生機構の調査地点から土壌サンプルを回収。小牧市とともに分析結果を公表している 。それによると、小牧市の調査では環境基準を上回る有害物質が見つかっているの対し、愛知県の調査結果は「環境基準を上回る有害物質は見つからなかった」と言うものであった。?????
10月 小牧市が調査結果を公表:土壌には環境基準を上回る有害物質(ヒ素:3.6倍、ジクロロメタン:約1.9倍)が含まれており、通常の土壌ではほとんど検出されない油分も検出された
9/15 桃花台ニュータウンの軟弱地層及び産業廃棄物による沈下問題に関する愛知県知事への公開質問状
8/30 都市再生機構が土地を造成した県を相手取り、8億円の損害賠償を求める訴訟を、名古屋地裁に起こす
8月 住民は愛知県に対し、県独自の調査を要請している。それに対し愛知県は、「都市再生機構側に責任がある」として、要請を断っている。
8月 住民からの要請を受けた小牧市は、市独自の調査を開始する。
8月 都市再生機構は、「地盤沈下の原因は愛知県の責任である」として、住民への補償費用やこれまでかかった調査費用などを求める裁判を提訴
7月 都市再生機構は、地盤沈下の原因を探るべく、解体した2軒の住宅跡地の地下の土壌の調査分析を開始
2月 都市再生機構は、問題となっている地域のボーリング調査を開始
2005年 2軒の住宅周辺の住民からも、都市再生機構に対し「家が傾いてきた」などの苦情が相次いで届くようになる
2001年 2軒の住人から、都市再生機構に対し「家が傾いてきた」との苦情が届く。その後都市再生機構が調査したところ、2軒の住宅とも家が沈下している事が判明。2軒の住宅は都市再生機構が買取り、後に解体された。
1988年 住宅・都市整備公団は住宅を建築し販売している。
2009年グーグルマップより
昭和62年
1982年
昭和57年
1979年 10月 宅地分譲開始。
昭和52年
1976年昭和51年
1976年
昭和51年
4/2 桃ヶ丘小学校開校
愛知県は、この土地を旧住宅・都市整備公団に売却
1971年 7月 愛知県小牧市の仲介でこの土地を購入し、造成工事を行う。この造成工事の際、産業廃棄物と見られる粘土が大量に堆積していた事を、当時の愛知県庁職員が確認している。
最初の都市計画を発表
1968年 建設計画を発表
1957年 問題となっている土地を王春工業の会長が購入し、王子製紙春日井工場などから出る産業廃棄物を10年以上にわたって廃棄した


中京テレビより
記者の目“沈む住宅街”で何が…?
(2)地下に何が…
地盤沈下は、なぜ起きたのか…
現在、調査が行われている現場を取材しました。
取材記者
「現在、地下5メートルの深さまで掘り下げています。
表面に、ギラギラとした油のようなものが見えます」
許可を得て、地下へ。

「うわー…、
テカテカしているのは油ですよね」

黒く光る物質が放つ廃油のような悪臭。
これは一体、何なのか…

また、ビニールや紙のようなものが土の中に混ざっていました。
これが、十数件の住宅の地下に埋まっているというのです。
3)地盤沈下問題で県は?公団は?
調査している公団側が“軟弱地層”と呼ぶ黒い物質は何なのか。
造成した愛知県に聞きました。

「天然の土だと思っていますので、
産業廃棄物ではないと考えています」
と、住宅計画課・河内課長。
当時の地主によると、問題の土地は
「製紙工場の産廃処分場」だったといいます。
それを承知で買い取ったという愛知県は、
廃棄物をどう処理したのでしょうか…
捨てられていた製紙カスは?

河内課長
「そんなものは、なかったです。
製紙カスのようなものがあれば、
目で見て分かります。
粘土しか、なかった」
地主が産廃処分場と言うのに
「産廃はなかった」、
「黒いモノは粘土」と、主張したのです。
では当初、「あれは自然界にはない油」と言っていた
旧公団、現在の都市機構は…

「当初、住民説明会で
“鉱物性の油”という話をしましたが、
その後の分析で、
“スギやヒノキの成分”が含まれているようだ
ということで…」
と、UR都市機構・近藤リーダー。
「最初の“鉱物性”という話は、
調査に出す前に黒いモノを見て、においをかいで、
これはそういうものなんだという
認識を持ってしまったんだと思います」
と、近藤リーダー。

一転、“植物の油”と説明を翻しました。
これが本当に自然界にある粘土、
スギやヒノキの油なのだろうか…
一方、沈下の責任を巡っては真っ向から対決。


住宅計画課側は、
「基本的にUR(旧公団)が地盤調査を適切にし、適切な基礎工事を選択していれば沈下は発生していない」
一方、UR都市機構側は、
「沈下した原因は、愛知県の造成工事にあったと考えています」

平成18年11月20日(月) 午前11時
7.

桃花台ニュータウンの地盤沈下問題について

【記者】  小牧市の桃花台ニュータウンの地盤沈下の件ですけれども、昨日、県の説明会がありまして、調査の方法を説明しておりました。その中で、土壌汚染だけではなく、地耐力をボーリングをする中でもデータはとれるだろうと言っていたのですが、そのデータを住民に公表するといった姿勢が見られませんでした。要するに、裁判の材料のために、そのデータを使うのだというようにしか聞こえないものの言い方でした。
 知事は、先だって環境汚染に関しては、住民の安心、安全、不安を取り除くためにやるのだとおっしゃいました。県の説明会の住民への回答の中では、そこのところの言及が全然ないのです。裁判を気にして、そういうことに取り組まないというものの言い方をする行政とはいかがなものか、お考えがありましたらお願いします。
【知事】  職員がどういう言い方をしたのか、詳細までは私はわかりませんけれども、誤解の無いようにしていただきたいのは、裁判の材料にするためなどとは、毛頭考えておりません。
 今回の地盤沈下は地盤のいわゆる耐力の問題ですね。それから、土壌の中に黒っぽい粘土質のものがあって、その成分が環境基準を一部オーバーするものがあったということです。これは環境汚染の問題で、厳密に言えば、ちょっと別の問題になろうかと思います。地盤沈下との問題も全く無関係ではありませんけれども、今回、たまたま都市再生機構側が調査したときのサンプルを、県と小牧市も取得し、小牧市の調査分析の中で若干そういうものが出てきたので、その状況を地元の皆様方にご説明するだけではなく、当然、不安をお持ちでありますので、これからあの地域の各住宅ごとに調査をしたいということで、その依頼も含めて説明会をしたものでございます。
 したがって、あくまでも土壌汚染、環境汚染を主眼に置いており、耐力を測るための目的のものではないということが一つございます。
 しかし、そういうことも、いろいろな材料がこれから結果として出てくるのかもわかりませんが、それは私どもなりに、また分析をしなければならないと思っておりますけれども、裁判は向こうから起こされてきた問題ですし、地盤沈下の問題は売り主としての責任は当然機構側にあるわけでありますので、その耐力の問題も含め、機構側がどのようなデータで、これからどのような調査を進めていかれるのか、これは県としても見極めていかなければならない問題であります。
 くどくなって恐縮ですが、裁判のためにというようなことは、目的としては持っていません。裁判の中でも、もちろん県の正当性などを主張しながら進めていくわけで、そこへ活用することは当然あると思います。それは、もう少しいろいろなものが出てきて分析したり、調査してみないとわからないと思っております。
【記者】  住民の不安を取り除くためには、住民にそのデータの公表は考えられないのですか。
【知事】  どんなものが出てくるのか、まだちょっとわかりませんけれども、先ほど申し上げたとおり、住民の不安を解消するということも、もちろん重要なことだと思っておりますので、必要なものについて開示することは、やぶさかではございません。
 ただ、ご承知のとおり、現に裁判を起こされておりまして、裁判というのは、主張、立証責任というのは、お互いに分配し合いながら、やっていることでありますので、本来、そのことは機構がきちんとやることでもありますので、今ここで、その材料をどうするかということは、断言的に申し上げことはできないと思っております。努力はいたします。



小牧市の桃花台ニュータウン地盤沈下問題現地調査:八田ひろ子WebSite<2006年8月23日>

中京テレビ 記者の目  “沈む住宅街”で何が…?     

産廃に沈む住宅地  2.桃花台ニュータウン(愛知県小牧市)週刊プレイボーイ07年8月13日号に加筆

地盤沈下と土壌汚染(Wikipedia)

有害物質の埋設が確認された場所(桃花台ニュータウン)


検索

桃花台 土壌汚染 の検索結果

桃花台 廃棄物 の検索結果

桃花台 公害 の検索結果

桃花台 裁判 の検索結果

桃花台 損害賠償 の検索結果

桃花台 損害賠償 土壌汚染 の検索結果


不適切な内容がふくまれているかもしれません。
お気づきの点や追記する記事を下記ブログにコメント下さいますようお願いします。
http://blogs.yahoo.co.jp/oecacasa/42242137.html