Kumano Japan  face

アマチュアの方が化粧筆と聞いてイメージするのが、このジャンルだと思う。
実際、「買って良かった」と、一番納得できるのが、このタイプである。
個人的にも、最初の一本として推すタイプである、なぜか?

御存知だろうか?化粧をした直後より、時間が経ってから、美しく魅せる女性が多いことを。 というより多くの場合、化粧直後は「不自然」に映る場合が多いのだ。 これは案外、本人には気がつかない。(もっとも、写真で気がつく場合はある。特にフラッシュ撮影時など)

前にも述べたように、メイクの基本はグラデーションにある。 簡単に言えば「上手にぼかす」ことにある。 すぐにでもメイクのレベルアップを望むなら、このジャンルのアイテムを使えばよい。 日常的にメイクしている女性ならば、ファンデーション、アイメイク、チーク、と一応のステップがあるはずだ。
それを変える必要はない。ただ、最期の仕上げに使えばよいのだ。
その繊細なトップ(穂先)は、化粧品の粒子を自然に肌に馴染ませてくれる。
その優しいトップ(穂先)は、貴女の心を癒してくれる。
ほんの数分で、美しくなった自分を発見できるはずだ。

さて、選び方である。フェイスブラシ、パウダーブラシなどメーカーによって名称は様々である。 価格にも幅がある。しかも、同じシリーズの中では、一番高価なはずだから慎重に選びたいものだ。
ところで最近の化粧品は「微粒子」を、特徴とする商品が多い。自然な仕上がり、肌への負担軽減が目的である。 もし貴女が、それに共感して高いランクの化粧品を購入しているならば、フェイスブラシもハイエンドから選択するべきである。 両者の相乗効果で、さらにレベルの高い仕上がりが期待できる。
もうお分かりであろう?その微粒子のポテンシャルを発揮させるのは、唯一、クオリティの高いメイクブラシだけなのだ。 その意味で、ここに紹介する商品は、いずれも期待を裏切ることはない。

しかし、それでも最適な一本を決定するのは難しいかもしれない。
熊野筆の発達には、常にプロの厳しい目があった。 特に書家の厳しい要求に応えてきた成果が、トップ(穂先)の製作ノウハウとして蓄積されてきた。
メイクブラシも同様である。 いわゆるメイクアップアーティストの意見を反映して、現在の評価がある。そして現在の多様な種類があるのだ。
そして、その種類の多さが・・・一般消費者を悩ますのだ。

ここで考えていただきたい。どんな分野であれ
「プロの道具は、特別である」
「それを、使い分け、使いこなすから、プロなのである」
「よほどマニアックでない限り、アマチュアがプロの道具を手にしても・・・
 戸惑うだけである(使いこなせない)」

プロ用に開発された商品は、当然、良い道具なのだが、もっとアマチュア向けの商品が増えて欲しい。 それが、私の考えである。
プロ御用達で完成された商品は、「第一世代」
アマチュアが使うことを想定した商品は、「第二世代」
私の意識では、そう分類している。
誤解されては困るが、プロ用であろうとアマチュア用であろうと
「一流である」ことは同じである。
アマチュア用、あるいは廉価品が「二流」というのは過去の意識である。

そんな意識と無縁なのが、熊野筆の誇りだと私は信じている。

comment-001_thumb.png
comment-002_thumb.png
comment-003_thumb.png
comment-004_thumb.png
comment-005_thumb.png
comment-006_thumb.png
comment-007_thumb.png
comment-008_thumb.png
comment-009_thumb.png
comment-010_thumb.png
comment-011_thumb.png
comment-012_thumb.png
comment-013_thumb.png
comment-014_thumb.png
comment-015_thumb.png
comment-016_thumb.png
comment-017_thumb.png
comment-018_thumb.png
comment-019_thumb.png
comment-020_thumb.png
comment-021_thumb.png
comment-022_thumb.png
comment-023_thumb.png
comment-024_thumb.png
comment-025_thumb.png
comment-026_thumb.png
comment-027_thumb.png
comment-028_thumb.png
comment-029_thumb.png
comment-030_thumb.png
comment-031_thumb.png
comment-032_thumb.png
comment-033_thumb.png
comment-034_thumb.png
comment-035_thumb.png
comment-036_thumb.png
comment-037_thumb.png
comment-038_thumb.png
comment-039_thumb.png
comment-040_thumb.png
comment-041_thumb.png
comment-042_thumb.png
comment-043_thumb.png
comment-044_thumb.png
comment-045_thumb.png
comment-046_thumb.png
comment-047_thumb.png
comment-048_thumb.png
comment-049_thumb.png
comment-050_thumb.png
comment-051_thumb.png
comment-052_thumb.png
comment-053_thumb.png
comment-054_thumb.png
comment-055_thumb.png
comment-056_thumb.png
comment-057_thumb.png
comment-058_thumb.png
comment-059_thumb.png
comment-060_thumb.png
comment-061_thumb.png
comment-062_thumb.png
comment-063_thumb.png
comment-064_thumb.png
comment-065_thumb.png
comment-066_thumb.png
comment-067_thumb.png
comment-068_thumb.png
comment-069_thumb.png
comment-070_thumb.png
comment-071_thumb.png
comment-072_thumb.png
comment-073_thumb.png
comment-074_thumb.png
comment-075_thumb.png
comment-076_thumb.png
comment-077_thumb.png
comment-078_thumb.png
comment-079_thumb.png
comment-080_thumb.png
comment-081_thumb.png
comment-082_thumb.png
comment-083_thumb.png
comment-084_thumb.png
comment-085_thumb.png
comment-086_thumb.png
comment-087_thumb.png
comment-088_thumb.png
comment-089_thumb.png
comment-090_thumb.png
comment-091_thumb.png
comment-092_thumb.png
comment-093_thumb.png
comment-094_thumb.png
comment-095_thumb.png
comment-096_thumb.png
comment-097_thumb.png
comment-098_thumb.png
comment-099_thumb.png
comment-100_thumb.png
comment-101_thumb.png
comment-102_thumb.png
comment-103_thumb.png
comment-104_thumb.png
comment-105_thumb.png
comment-106_thumb.png
comment-107_thumb.png
comment-108_thumb.png
comment-109_thumb.png
comment-110_thumb.png
comment-111_thumb.png
comment-112_thumb.png
comment-113_thumb.png
comment-114_thumb.png
comment-115_thumb.png
comment-116_thumb.png
comment-117_thumb.png
comment-118_thumb.png
comment-119_thumb.png
comment-120_thumb.png
comment-121_thumb.png
comment-122_thumb.png
comment-123_thumb.png


caution
Stage-F バナー