買取のご案内

大量の反物や仮絵羽の買取

奈良の反物買取は反物買取専門店の京都きものセンターまで

奈良は万葉の時代より、たいへん歴史の古い地域です。奈良時代には平城京を中心に栄え、シルクロードの終着点としても国際色豊かな文化に満ちておりました。

中国はもとより、遠くインド、東南アジアの美術、文化の片鱗がうかがえるのは、奈良が国際都市として多くの外国文化を受け入れた証です。

古事記、日本書紀、万葉集など古い歴史書、歌集が編纂され、東大寺、法隆寺、薬師寺など飛鳥、奈良時代に古い寺院が建立されました。


奈良県 奈良市 奈良県 大和高田市 奈良県 大和郡山市
奈良県 天理市 奈良県 橿原市 奈良県 桜井市
奈良県 五條市 奈良県 御所市 奈良県 生駒市
奈良県 香芝市 奈良県 葛城市 奈良県 宇陀市
奈良県 山辺郡 奈良県 生駒郡 奈良県 磯城郡
奈良県 宇陀郡 奈良県 高市郡 奈良県 北葛城郡 奈良県 吉野郡

その他、市郡町村など
奈良のお客様で反物をお持ちの方は、ぜひ京都きものセンターへご相談ください。

__奈良出張買取紀行__

京都から国道を南下してゆくと奈良市街に入ります。
さらに東大寺方面へと東へ曲がると、奈良公園が見えてきて、名物の奈良の鹿がたくさん闊歩しております。

今では観光の外国人の方も奈良の鹿に餌をあげ、触れ合い楽しんでいるとか。
奈良や厳島の鹿は、「神の使い」として「神鹿(しんろく)」とも称されているとか。

お話は奈良時代に遡りますが・・・
春日大社には武甕槌命(たけみかづちのかみ)という神様が祀られています。
武甕槌命は茨城県の鹿島神社から奈良へやってくる際に白い鹿に乗ってきたと謂われております。
その為に奈良では、鹿は神聖な生き物として崇められるようになったそうです。


京都の老舗呉服店 京都きものセンター 反物 呉服の買取にきっとご満足いただけます。


京都きものセンターの買取ページをご覧いただき、まことに有難うございます。
当社はお客様のご要望に応じて、反物、呉服在庫を全国に出張して買取しております。

昭和の時代に栄えた呉服産業のもと、全国各地で大量の反物、仮絵羽商品が売り買いされました。
問題なのは、この大量に生産された反物などの呉服商品を遺品として受け継いだお若い方々が、
ご処分にたいへんご苦労されております。

昭和時代の古びた反物でも大丈夫です。着物の街、京都にて呉服專門で長年商売を続けてきた
京都きものセンターは、古くなった何百、何千という反物を大量買取しております。
査定当日に現金決済にて買取価格をお支払いし、即日に大量の反物を引き取り致します。

ご父母、ご祖母より家いっぱいの反物を引き継いでお困りの方、
ぜひ一度、京都きものセンターへご相談ください。お電話、メールのほうお待ちしております。

買取専用ダイヤル TEL 0120-10-6300


京都の祇園祭


京都の7月は日本三大祭のひとつである祇園祭に人々は酔いしれます。 当社は毎年南観音山の前で売り出しをしております。
コンチキチンの音色が流れ、明るい提灯のともしびが、大勢の観光客で 賑わう古都の街を照らしだします。
当社にゆかりの深い南観音山。祇園祭りには華やかな提灯が雅に夜の京を照らします。 そして宵山の夜にはあばれ観音が不思議な情緒に。 南観音山の本尊である楊柳観音をぐるぐる巻きにして激しくゆさぶる行事です。

竹田城と「竹田屋」の屋号


京都きものセンターは、長年京都で呉服に携わってきた老舗です。
弊社では毎年「祇園祭」において着物・反物の大売出しを行っておりますが、その際は「竹田屋」という看板を掲げて売り出しを行っております。
これは京都きものセンターの屋号が「竹田屋」であるためです。
日本のマチュピチュと言われ、雲海に浮かぶ城郭を一目見ようと観光客の方が大勢訪れる竹田城。
戦乱に巻き込まれ廃城となった竹田城。京都きものセンターはその竹田城の流れを「竹田屋」の屋号に受け継ぎ、今日に到ります。


お問い合わせ

TEL 0120-10-6300
買取専用の電話です。
買取スタッフに直通いたします。

株式会社 京都きものセンター
古物商許可証 (京都府公安委員会第611020130005号)

京都きものセンターの買取実績 珠玉の呉服

訪問着

今の時代では、既婚の女性が結婚式やパーティーに着てゆく着物としてメジャーなポジションの訪問着ですが、大正時代からの歴史と意外に最近です。
三越呉服店が売り出したそうで、外のお宅に訪問する際の着物という位置づけであったそうです。

ちなみに少し着物の変遷について。
江戸時代には宮崎友禅斎が友禅染をはじめたように、今の染や織の技術が日本各地で発祥します。
世は太平であり、庶民は衣裳にも華やぎを求めます。江戸時代前半の元禄期には色柄豊かな小袖が着用されました。今の着物の原型といえます。

平安時代には袖口が目一杯開いている大袖に対して、小袖は袖口が小さく、公家や武士には下着としての位置づけでした。
室町時代から江戸時代にかけて、上流階級でも小袖を表に出すようになります。
そして江戸時代に小袖は成熟し、慶長小袖、元禄小袖と呼ばれるような華やかな衣裳が誕生いたします。
(有名な菱川師宣の「見返り美人」は元禄小袖)


艶やかな色柄の訪問着の逸品