住み込みの仕事がしたい

住み込みの仕事をしたいと思っている人はは意外と多いのです。その理由もさまざまなようです。住み込みの仕事をしたいと考えている人は、「少しでも生活費などの出費をおさえて学費にまわしたい」「昼間の学校に通いながら早朝や夜に働ける、住み込みでの仕事がしたい」という理由からの人が多いようです。住み込みの仕事には新聞配達というものもありますが、新聞配達は奨学金制度があるので、それを利用して住み込みで仕事をしながら学校に通っている方が多くいます。昼間学校に通いながら住み込みで仕事をする場合には、レポートを提出するために仕事が終わってからレポートを書くなど、睡眠時間が減ってしまいうことが多く、体調を崩してしまう人もいますので、仕事の内容や労働時間などをよく考えたうえで仕事を決め、体力的に負担にならない方法を選ぶ事をお勧めします。日中は学校に通いながら、夜に住み込みの仕事がしたいという人は主に東京近郊に多く集まるようですが、郊外の娯楽施設や旅館の仲居さんをしながら頑張っている方もいます。住み込みで仕事をしている人の中には、日中学校に行きながら働くという人もいますが、働いて貯めたお金で受験し、学校に通いたいと考えている人もいます。親元を離れてから自分で住み込みの仕事をしながら生活をして、学費を貯めたり学校に通うといった自立した若者が増えています。学校に通いながら住み込みの仕事をしている人の中で多くの人が選んだ仕事は、新聞配達です。お店の上などに寮を作っているところが多く、同じような年代の人と楽しく仕事をしながら生活ができます。トイレやお風呂は共同のところが多いですが、それもまた、学生気分が味わえて楽しいようです。

住み込み仕事とペット

住み込みの仕事を探すときに、ペットも一緒に住み込みできるのか心配する人も少なくありません。最近、少子化も影響しているのか、ペットを子供同様に大切にしている人が増えました。そういう方にとっては一緒に住み込みの仕事が出来るかどうかは、大きな問題です。住み込みの仕事の種類や、雇用者側の考え方にもよりますので、ペットと一緒に住み込みの仕事が出来るかどうかは、事前の確認が必要です。最近では、東京近郊にとくに多いようですが、ペット同伴のレストランやペンションなどが増加しており、お互いのペットの情報交換などを楽しみにしているお客様が増えているようです。大切なペットと一緒に住み込みの仕事がしたいという方は、まず、仕事の内容がペット同伴のものを探すことを優先してみてはいかがでしょうか。ペット連れ専用のプチホテルなどでは、実際に犬と一緒に住み込みで仕事をしているという従業員がいますので、ぜひお勧めします。ペンションや旅館なども、ペットを連れて住み込みで仕事をしている方が多くなってきています。仕事の種類や内容にこだわりがあるのであれば、探すのは難しくなるかもしれませんが、職種にはこだわらず、とにかくペットと一緒に仕事が出来ればと考えている方は、ペンションや旅館といった場所で住み込みで出来る仕事を探してみることをお勧めします。





Copyright © 2008 住み込みの仕事