7.2 前提条件プログラム(PRP)

  

7.2 前提条件プログラム(PRP)

7.2 前提条件プログラム(PRP)

このページでは、7.2 前提条件プログラム(PRP)とはどういうものか、初心者にも優しくお伝えしています。


トトロ

7.2.1

ISO22000

組織は、次の事項を管理するためにPRPを確立・実施・維持すること。


  • 作業環境を通じた、製品への食品安全ハザード混入の起こりやすさ
  • 製品間の交差汚染を含む、製品の生物・化学・物理的汚染
  • 製品・加工環境における食品安全ハザードの水準
トトロ

7.2.2

ISO22000

PRPは、次の事項を確実にすること。


  • 食品安全に関する組織の必要性に適切である。
  • 作業の規模・種類・製品性質に適切である。
  • 全般適用プログラム・特定製品・作業ライン適用プログラムとして生産システム全体で実施される。
  • 食品安全チームによって承認される。
  • 組織は、上記事項・法令要求事項を明確に。
トトロ

7.2.3

ISO22000

PRPを選定・確立時、組織は、適切な情報を考慮し利用すること。

適切な情報とは、法令、顧客要求事項・認識されている指針・Codexの原則類・国家規格・国際規格など。


注記 付属書Cに関連するCodex刊行物リストを示す。


このようなプログラム確立時には、組織は次の点を考慮すること。


  • 建物・関連施設の構造・配置
  • 構内の配置(作業空間・従業員施設を含む)
  • 空気・水・エネルギー・その他のユーティリティーの供給源
  • 廃棄物・排水処理を含めた支援業務
  • 装置の適切性・清掃・洗浄・保守・予防保全のしやすさ
  • 購入資材・供給品・廃棄・製品の取扱いの管理
  • 交差汚染の予防手段
  • 清掃・洗浄・殺菌・消毒
  • 有害生物の防除
  • 要員の衛生
  • 適宜、その他側面

7.2 前提条件プログラム(PRP) メニュー

7.2 前提条件プログラム(PRP) トップ
リンク集
リンク集1
リンク集2
リンク集3
リンク集4
リンク集5
サイトマップ1
サイトマップ2
サイトマップ3
サイトマップ4
サイトマップ5
サイトマップ6
サイトマップ7
サイトマップ8
サイトマップ9
サイトマップ10

7.2 前提条件プログラム(PRP) おまけ情報




 

rorrss1.0rss2.0atomsitemapurllistsitemaptxt