ヘッダーイメージ 本文へジャンプ

不妊症・生理痛・生理不順・婦人病・妊産婦ケア・逆子

京急沿線・逗子・葉山・横須賀・鎌倉・港南区・栄区・戸塚区近郊

横浜市金沢区 京浜急行六浦駅
女性と子どものためのOhyama(オオヤマ)はり灸治療室 
女性鍼灸・指圧マッサージ師
不妊カウンセラー

不妊・婦人病・生理痛・肩こり・腰痛・頭痛・眼精疲労・更年期・逆子・小児鍼・思春期・受験生・美容鍼
 

Ohyama(オオヤマ)はり灸治療室へようこそ!

 女性のからだは一生を通じて大きく変化をします。 
その変化に戸惑い、また日々の生活からくる
疲労も加わることにより自分だけでは解決できない
問題となってしまうこともあります。

 当院では、明るく健やかな毎日を過ごせるよう
国家資格を持つセラピストが
貴方をサポートいたします。

 ひとりひとりに丁寧に からだにもこころにも
 気持ちの良い治療をめざしています。

 
あなたが元気でいられますように
 
お役に立ちたいと願っています。
 身近な治療室としてどうぞご利用下さい

    
こんな方はご相談下さい

 女性に多い症状                  
  

 
冷え性・生理痛・生理不順
 月経前症候群(PMS)・更年期障害・
便秘、
自律神経失調症、
イライラ、めまい、不眠症




女性のライフステージによってもさまざまですが
これらのどれも多くの女性が悩んでいる症状です。
現代はからだがとても冷えている方が多く、様々な不調の原因となっていると思われます。
温灸やお灸でからだを温め
鍼(はり)やお灸、指圧マッサージなどで、
からだを整えるところから始めましょう

鍼灸治療で妊娠しやすいからだ作りを。

クリニックで不妊治療をしている方が
はり灸治療を受けることも可能です

今は妊娠を望んでいなくても
将来の妊娠のために
からだを整えておきたいと望んでいる方も是非。

より良い出産、スムーズな母乳育児にも、
お灸や鍼(はり)等の
オリエンタルセラピーをご利用ください


妊娠を(現在または将来)望んでいる方・

逆子をなおしたい・安産灸を希望

妊娠中、産後の腰痛や手足の痛み(など
がある方。

母乳の出を良くしたい

産後の体調を整えたい





  色々な痛みや不調  
                    


肩や首のコリ・腰や背中・膝の痛み
手足のしびれ・痛み・
頭痛・眼精疲労・顔面麻痺・
腱鞘炎・五十肩

手術や交通事故、スポーツ等による
ケガの後遺症
 仕事や家事の疲労が蓄積して強いコリや痛みとなってしまう場合も多いです。あまり我慢しすぎないで、
自分からだの声に耳を傾け、
自分自身のからだをいたわってあげましょう。
 鍼(はり)やお灸、指圧マッサージなど
副作用のない、オリエンタルセラピーで
からだをリフレッシュして、快適な毎日を。

  

からだはストレスを受けると緊張します。
長く強いストレスを受け続けると、
その緊張状態が日常になり、
自分自身の力ではからだを調整することが
出来なくなる場合があります
疲労がなかなか抜けない方
鍼(はり)や温灸、指圧マッサージで
元気になるお手伝いをします

   

疲労がぬけない・ストレスを感じる
ぐっすり眠れない
イライラしやすい

食欲不振・食欲がありすぎる
胃腸の具合が良くない





 いつまでも若々しく美しくいたい

      
                

ホウレイ線・頬、首のたるみ・
眉間、額のしわ・小じわ
お顔のくすみ・しみ



お顔に鍼(美容鍼))をするとお気血のめぐりが良くなり
肌がキレイになります。
お顔への鍼(はり)治療は美肌とともに、むくみ、
たるみやしわ、小じわの改善にもとても効果的です。

  



 
子どもの健康が気にな               
     


胃腸が弱い・カゼをよくひく
疳が強い
赤ちゃんマッサージを習いたい

     子どもの元気はお母さんの元気の源。
     子どもへの鍼(はり)・小児鍼は刺さずに
       皮膚の表面をさする軽い刺激です
  小児鍼を応用した赤ちゃんマッサージの指導もします。



10代の若い年齢でも肩・首のこり・目の疲れなどを
訴える方は増えてきています。
勉強に加えケータイ、PC,ゲームなどによる
目の使いすぎも影響していると思われます。
温灸や鍼(はり)・指圧マッサージによる
受験期の体調管理もふくめ
ツボで療法や温灸などを使って」
ご家庭で出来るセルフケアの方法もご指導いたします。
ぜひ若い時期から自分の健康に目をむけ、
薬ばかりに頼ることなく、
よりナチュラルな手段で自分自身をケアする方法を
身につけてもらえたらと願っています。



小中高校生の学習疲れによる眼精疲労
・肩・首のこりなどの体調不良
受験準備のための体調管理

部活動やスポーツによる疲れ痛み
捻挫や骨折の場合も
鍼灸の処置により回復が早まります

フッターイメージ