赤ちゃんの離乳食

一歳までの食事

赤ちゃんは生まれて9ヶ月から11ヶ月になると、カミカミ期という離乳食時期になります。
カミカミ期に移行すると、歯ぐきで離乳食を食べることが習慣になります。
基本は、まだ舌で食べ物をすりつぶしますが、かたい物だと歯ぐきで食べるようになります。
手でつかんで食べようと、それを自分で口に運ぶのですが、初めは詰め込み過ぎて、せき込んでしまうこともあるようです。
そうは言っても、自ら口に入れることで、限度も分かってきます。
舌の使い方を覚えることで、口の中で左右に寄せることができるようになり、歯ぐきを使ってつぶして飲み込んでいきます。
離乳食のかたさの目安としては、バナナくらいのかたさが把握しやすいでしょう。
細長い切り方、薄い切り方、粗いみじん切りなど、大きさや形が異なる状態で与えます。
カミカミ期においては、離乳食の回数が3回に増えますが、3回というのは朝昼晩という意味ではありません。
離乳食を挟んで母乳やミルクを与えますので、やり易い時間を選んで行います。
カミカミ期の目標は、離乳食から栄養を摂取できるようになることです。
全ての栄養分を離乳食でというのは無理ですが、必要な栄養の60%程度を離乳食によってとれれば良いでしょう。
3度の離乳食を用意するとなると、お母さんにしてみると、メニュー選びが大変な作業に変わります。
役に立つものの一つにベビーフードがありますが、この時期には食欲が旺盛になってくるので、いつも買って済ますわけにもいかないでしょう。
こんな時は同一の材料を使っても、だしによって味のベースに変化を付けられますので、工夫してダシや味付けを変えてみましょう。
和洋中の味付けだけではなく、醤油、味噌、ミルクなど、塩分の摂取過剰に注意して使っていきましょう。