もっとうるおいをお求めの方に、あるいは敏感肌の方に…地域の厳選素材を使って丁寧に作りました。無添加コスメ「天見うるおいシリーズ」誕生!  



 


◆配合成分って?◆
 ご存じの方も多いと思いますが、化粧水の基本的な構成成分は、大部分が「水」でできています。 もちろん、ご家庭の水道から流れてくる塩素で殺菌された水ではなく、塩素イオン・金属イオンなどを完全に取り除いた「精製水」、つまりH20です。
 この精製水の中にいろんな有効成分が含まれて化粧水が誕生するわけで、その配合率・バランスによって、各々の化粧水の個性が生まれます。

◆高濃度って?◆
 成分の配合率は、各製造元のトップシークレットとなっていますが、仮に精製水にエキスを一滴落としただけでも、それは「配合成分」として表示することは可能です。
 しかし「天見うるおいローション」では、あえて通常の10〜50倍というエキスの高濃度配合にこだわりました。
 その差は、実際に使っていただいた方が、確実に実感いただいているはずです。
 
 


◆成分表示って?◆
 2001年4月から化粧品の全成分表示が義務づけられました。
 つまり、この化粧品にはどんな成分が含まれているのか、消費者にわかるようにすべて記載しなさいということです。
 ほとんどの場合、パッケージか容器の裏側に記載されているので、購入するときに参考にされている方も多いはずです。
 ちなみに、成分表示は配合量が多い順に記載されているので、そのあたりも注意して読んでみると面白いかもしれません。

◆ご参考までに…◆
 現在は、全成分の表示が義務付けられていますが、従来厚生省では消費者や医師からの情報をもとに、アレルギーなどの皮膚障害を起こす可能性のある製品を消費者に注意を促すために、 表示指定成分を102種類選定、化粧品などへの記載がメーカーに義務づけられていました。
旧厚生省表示指定成分102種類