もっとうるおいをお求めの方に、あるいは敏感肌の方に…地域の厳選素材を使って丁寧に作りました。無添加コスメ「天見うるおいシリーズ」誕生!  



 


◆セラミドって?◆
 最近、乾燥から肌を守る保湿成分としてセラミドが注目されていますね。
 セラミドとは人の肌表面で外界から肌を守っている、肌バリア機能ともいわれる角質層の重要成分です。

◆セラミドの割合◆
 セラミドは角質層にある細胞間脂質という2次バリア成分の40〜65%を占めています。
 セラミドは水に対して不溶性(溶けない)であり、水分の保持と肌の保護のための理想的なブロックで肌バリアを築いているのです。

◆皮膚とセラミド◆
 肌の一番上は角質層といいます。角質層は皮脂という油分に覆われています。これが肌の1次バリアです。
 皮脂や角質は肌の上にフタをして、水分の蒸発を防ぐことで肌の潤いを保っています。
肌のバリア機能は、空気の乾燥や生活習慣の乱れ(食生活や睡眠不足、水、ストレス、間違ったスキンケアなどの影響)、 年齢により、皮脂や角質が傷ついてしまい、回復が間に合わなくなりますと、失われてしまいます。 そうすると肌の水分が蒸発してしまい、乾燥肌になりやすくなるのです。
 さらに乾燥した肌はセラミドが不足してしまい、肌バリアが弱まってしまうので、痛んだ肌からは、汚れや細菌などが侵入しやすい状態になってしまいます。

 
 
◆セラミド不足とかゆみ◆
 そうなると刺激感やかゆみが発生し、かいてしまうことで角質がさらに傷つき、角肌の水分の蒸発がさらに進み、 皮膚がさらに乾燥していまうという悪循環を起こし、乾燥肌や敏感肌、肌荒れが悪化してしまうのです。
 ですから乾燥肌や肌荒れなどトラブルが見られる方は、セラミドを補うことで理想の肌状態を保って、 さまざまな侵入物質から肌を守ってあげることが重要なスキンケアになります。
 そのため天然セラミド配合のスキンケア製品、スキンケア化粧品は、とくに肌が乾燥や敏感でお悩みの方に最適な製品です。
 ただし、ベースとなる素材やその他の成分に刺激成分が多いと、いくらセラミドが含まれていても適切なスキンケアができない可能性があります。
また人のセラミドに近いのは動物性のセラミドです。一番適しているのはビオセラミド、スフィンゴ脂質と言われるものです。 セラミドに番号が振ってあるものよりもビオセラミド、スフィンゴ脂質の方が人の肌になじみやすく保湿力があります。
 また、セラミド自体は水に溶けませんので水ベースの化粧品ですとセラミドが肌の中には浸透しにくいです。 その意味でもジェル化粧品にセラミドを配合した製品がベストであると思います。
 このようにセラミド化粧品を購入する際には製品そのものの品質や製造方法もふまえたほうがよいでしょう。
* * * * * * * * * * * 
美容健康ネットショッピングナチュラルウェブ サイト様より抜粋させていただきました。